読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画とアニメのその先へ。

映画・アニメの紹介と感想。作品のその先で、どこかで誰かが何かと繋がるのを期待して。

地元が舞台のアニメってテンションあがる。

page.8

地元がアニメの舞台になってるっていいよね。
ハマトラ』『文豪ストレイドッグス』編

 

筆者、神奈川県は横浜の某地域に住んでおりまして、横浜駅〜関内あたりは行動範囲です。
ご存知の通り、映画やアニメでもちらっとロケ地になることが多いんですよね。

映画もドラマも舞台になったり、ちょっとしたロケ地になったりすることが多い場所で
珍しくもないような話ではあるんですが嬉しいものは嬉しい。
あぶない刑事』シリーズ好きなので、あれは桜木町周辺の土地開発の様子がよくわかって
そういうのが地元民としては見ていて楽しいところでもあります。

さてさて、アニメを見ていても「あ!ここ!」みたいな場面に遭遇することありますよね。
それも楽しみの一つではありますが、今回はがっつり横浜が舞台の好きなアニメの話。


★★★『ハマトラ』&『Re:ハマトラ』★★★
簡潔に言って、特殊能力ありの探偵もの。
さまざまな特殊能力=ミニマムを持つ探偵たちが、あるミニマム関連の事件をきっかけに
想像もしない陰謀の渦に巻き込まれていく話。
後述するアニメも能力系のため先に説明しておくと、このアニメの特殊能力は、
トリガーを発動させることで五感や物理法則が部分的に一般レベルを超越した能力が使える


★★★『文豪ストレイドッグス』★★★
簡潔に言って、特殊能力ありの探偵もの。あれ?????
誰もが知る著名作家の作品名を異能力とする漫画原作のアニメで、
異能力という警察も手が出ないような案件を中心に異能力を使って事件を解決していく話。
ハマトラとの能力の違いは、作家の作品名にちなんだ能力で、五感とか物理法則とか関係なし。

歴史上の著名な作家たちが持っている
異能力が、
作家の作品になぞらえてるところが「この発想おもしろい!」と思わせてくれる!
例えば太宰治なら「人間失格」。能力は異能力の無力化、という具合に。

これら2作品の共通点は、港町・横浜で起こる数々の事件を解決していくところ。
主にみなとみらい〜元町あたりがメインか。時たま横浜駅方面もある。
ここ知ってる!とか、あのアニメのあの場面だ!みたいなワクワクがいいと思います。
あと、もしかしてここを参考にしてるんじゃないかな?という視点で見れたりもして楽しい!
たまに東急線や市営地下鉄とコラボしてたりもしてます。


ただ、映画もアニメも探偵や刑事ものが多いと思うんだ(笑)。
青春や恋愛がないわけじゃないけど、無法地帯に近い展開あるとまたか!と笑ってしまいます。

最近は観光地ゆえに整備もどんどん整って、
みなとみらい〜元町・山手は本当に綺麗になったのでお散歩にもいいと思う!
それで、ほかのアニメでもいいので、アニメファンはそうゆう感じでも観光できるよ!



おわり。