映画とアニメと。

映画・アニメの紹介とか感想。映画もアニメもどこかで誰かが作品を通して何かと繋がる力があると思ってます。

『パワーレンジャー』:思い出したい、ヒーローに憧れていたあの時代。

 page.24

パワーレンジャー』(2017年/ディーン・イズラライト監督)

 

ハリウッドが本気で日本の戦隊ヒーローを手がけたらこうなる。

を見事やり切ってくれた!と思います!!

今回はただただ戦隊ヒーローが好きなやつの感想になってます。

はい。仮面ライダーも好きだけどどちらかというと戦隊ヒーロー派です。
日本の特撮は海外だと万人受けしなさそうだなと思っていましたが、そんなことなかったです。
アメリカでのドラマも20年以上という歴史があり、根付いていたそうです!
「米国で最も成功したジャパニーズコンテンツ」と言われるほど子供番組史上最高視聴率、
玩具も飛ぶように売れて品切れ続出・・・。まさに社会現象。

ハリウッドの本場アメリカは、アメコミの方が絶対的に有名で大人気だから
ヒーロー系は二番煎じのような感覚であまり目立たなかったのかな?
日本だけじゃないかもしれないけど、子どもの頃見てても自然と見なくなるし話題にならないでしょうか。

といった中で、『パワーレンジャー』ですよ。
(ちなみに、『マックス・スティール』という別ベクトルのスーパーヒーローもいるのです。
低評価という噂ですが、そんなことないでしょう!なんであの面白さがわからないのか。
トランスフォーマー』とか『リアル・スティール』みたいにロボ(地球外生命体だけど)と
友情を育み強くなってくのおもしろかったよ!!!?力に目覚めるとこは見応えありました。)

昔から変わらない日本の特撮の良さって、どこかアナログというか良い意味で変化させない
そのおもしろさが個人的には好きなんですが(爆発とか名前の付け方とか作り物感)、
それでいてCGも混ざったりうまい具合に時代と調和させてるのが楽しくて。

だから全然別物になってしまうのかなーなんて懸念もありながら観てきました。

 

間違いなく!!ハリウッド版戦隊ヒーロー!!!!認めます!!!!

こういうのを元の題材をリスペクトしてる作品と言うんだなと!!!!

しかも日本が誇る大正義・少年漫画ジャンプの(最近忘れられてるような)、

友情努力勝利

をいい塩梅で組み込んできていて熱いっ!

努力という部分はニチアサ枠ですらなかなか見ないけど、
ドラゴンボールスラムダンクNARUTOあたりでワクワクしてた人にはどストライクなのでは?

それでいてドラマ性の高さ。学校のはみだし者たちが出会って友情を育むという
ベッタベタの設定が逆に良い。むしろベタにベタを重ねまくってるのが王道を言っている。
それぞれに悩みを抱えていて、結局自分だけで完結する世界でいる勝手さや、
友人、家族の関係を見つめなおしたりして。
特に印象的だったのは、友達(仲間?)の定義的な話の場面。
「仲間に隠し事は無し」という流れで一人一人が打ち明けていくんだけど、
それには少し首をひねってしまいました。全て打ち明けることが本当に仲間なのか・・・?
これについては、後々回収をしてくれます。
痛みも覚えて彼らがヒーローに変身するきっかけにもなる場面に繋がる大事なシーンに。

変身シーンはさすがハリウッド。
セーラームーン』の変身シーンを実写でCG使いまくるのを想像してみてほしい。
・・・・・つまり、ナチュラル!スーツというか身体との一体感が凄い。
アニメ『アクティヴレイド』みたいな肌から変わっているようなフィット感を演出してる。

そして敵(グリーンが敵に回ってしまって最後まで悪役なの悲しいけど)の元へ行く時、
戦隊には欠かせない乗り物系!をちゃんと入れてくるのですが、、、そこのBGMの盛り上がりが異常。
あからさまに、お待たせしました、ヒーロー登場!!!を強調させている。
これは日本のヒーローアニメっぽさが存分に感じられます。
他のハリウッドのアメコミの登場の仕方と比べないでください。これぞ逆輸入。

(そういえば、スーパーヒーロー着地はそれはそれで取り入れていたような。)

 

そして、、、、戦隊モノ特有の、、、合体ロボ、、、拝めちゃいます!

 

彼らの今後の活躍も見逃せない!見逃したくない!続きが見たい!!!!

ヒーローもので子どもも楽しめるし、
子どもの頃のワクワク心を忘れてしまった大人にもぜひ見てほしい。

憧れたよね、ヒーローに。

 

 

日本の特撮の雰囲気って特有で、どこか作り物感を残していて。
なんとなくそのままアメリカのドラマにしたらサンダーバードのような雰囲気とでもいうのか。
そんなのを微塵も感じさせないハリウッドの他の大人気ヒーローに負けず劣らずのクオリティで、
でもしっかり戦隊ヒーローを隅から隅まで受け継いでいました。
ただ敵の巨大ロボ?エヴァ巨神兵?のような巨大なヤツが登場するとこ、
それまでハイクオリティを貫いていたのにそこだけ違和感あるほど不自然なのがツボ。笑

 

字幕を滑り込みで観たので。

レンタル開始したら吹替も拝みます。

 

 

でも、はっきり言って、ガオレンジャーだよね!?

 

 

おわり。